main-images

2016年3月に発売した「想聖天使クロスエモーション」人々の「想い」を糧に戦う変身ヒロインだが、「欲望」や「絶望」等のマイナスの感情にも影響を受けてしまうという弱点も持っていた。

クロスエモーションに下劣な欲望を抱く人間が多くなれば、その身は淫蕩に疼いてしまう───

それらをシステム的に再現した「エモーショナルゲージ」によって、戦うヒロインの(性的な)ピンチを再現した事がユーザーに好評を持って迎えられた。

その本編では語られなかったもう一人のクロスエモーション、四封堂葵ことラピスラズリに焦点を当てた本作では、メインの使用キャラとしての彼女を操る事になる。勿論今作でも人々の欲望の化身、イドム達の淫虐な攻撃を一身に受けてしまうのだ!

粘液、発情、触手拘束、ボテ腹と言った同じみの「状態異状」で追い詰められるラピズラズリ。今作の新状態異常「淫具」毎ターン欲情度アップ、一定確率で淫具が動いてしまい、その場合は1ターン行動不能になる恐るべきバッドステータス、しかも戦闘中は永続する!

外伝1

TV局を根城にするボス、デバイスイドムに捕らえられたクロスエモーション・エンジェライト。彼女を人質に取られたラピスラズリは、「特番」への参加を強要される。その内容とは、心条TVで放送されながらモンスター達と戦闘を行う事。もちろん各モンスターは性的攻撃を加えて来るのでその有様は全て放送されてしまう!かつての強敵達、アメーバイドム、アネモネイドム、プラントイドムなどを倒すも、次々と加えられる状態異常(バッドステータス)の数々。粘液、発情、触手拘束、ボテ腹、淫具、幻覚攻撃、それらを何とか凌いだ先にラピスラズリを待ち受ける最強の敵とは…?!

外伝2

イドムとの戦い、そして陵辱で受けた傷を癒やすため、休日の街に繰り出すクロスエモーションたち。だが、楽しいデートは淫惨な悲劇の舞台へと変貌してしまう。奈々子はすでにイドムの手に堕ち、悪の天使クロスデザイア・エンジェライトに堕落してしまっていたのだ。奈々子を救うべく必死に戦うラピスラズリ。だがそのためにはクロスデザイア本人だけでなく、彼女の繰り出すイドム、そして奈々子を堕とした「ご主人様」とも戦わなければならない。そしてエンジェライトの目的は、ラピスラズリをも自らと同じ淫乱ヒロインへと悪堕ちさせること。果たしてラピスラズリは、クロスデザイアの淫らな誘惑をはねのけ、奈々子を救うことはできるのか……それとも彼女と同じく、自らも淫乱な悪堕ちヒロインへと成り果ててしまうのか……!?

外伝3

イドムとは異なる謎の敵の調査のため、水葉市へと赴く想聖天使たち。先行していたエンジェライトからの連絡が途切れ、ラピスラズリは不安を胸に水葉市へと急ぐ。そこで見たのは囚われの身となったエンジェライトと、彼女を犯すおぞましき寄生生命体「ヴァーミニオン」、そして怪物の傀儡と化し凌辱へと加担する市民たちの姿だった。人々から「想い」の力による応援を受けられないどころか、淫らな欲望をぶつけられる不利な状況で、未知の敵たちと戦う事を強いられるラピスラズリ。そして戦いの中、ヴァーミニオンの「守護天使」――触装天使セリカまでもが降臨する。悪に堕ちた触装天使の恐るべき力と淫らさに、果たしてクロスエモーションは打ち勝つ事が出来るのか!? そして全てを操る黒幕とは――!!?

エンジェライト

天野 奈々子 (CV:水瀬沙季)

明るく心優しく純真な、普通の女の子。
元は想聖天使に憧れる一般人にすぎなかったが、EMアームズの適合者として見出され自身もクロスエモーションとなる。
何事も前向きに考え、自分にできることがあれば一生懸命に取り組む。
人を疑う事を知らず、少し子供っぽいところもある。
まだ未熟なところもあるが、その純心はEMアームズと抜群の適合率を誇り、人々の「想い」をまっすぐに受け止めることが出来る。

ラピスラズリ
ラピスラズリ

四封堂 葵 (c:藤堂みさき)

EMアームズ適合者第一号。四封堂家は古より人ならざる者から衆生を守ってきた退魔の家系であり、クロスエモーションをバックアップする対イド機関「エスペラント」の前身でもある。
プライド高く生真面目な性格で、四封堂家の一員として強い責任感と使命感を抱いている。
世界最初の想聖天使としてイドムと戦い続けており、その凛々しい立居振舞から人々からの信頼や尊敬は厚い。

クロスデザイアラピスラズリ

クロスデザイア (C.V.:水瀬沙季)

謎のイドム。
淫靡にして妖艶な姿は、他の秀逸なイドムとは一線を画す。
その姿はクロスエモーションに酷似しているが……?

クロスデザイアラピスラズリ
蝕装天使セリカ

蝕装天使セリカ (C.V.:水瀬沙季)

ヴァーミリオンゼロに寄生された芹香が
変身したもう一つの姿。
華麗なコスチュームは芹香の理想とする
『正義のヒロイン』のイメージに基づいている。

驚異的な身体能力に加え、触手を様々な武器に変化させる『テンタクライズ・エヴォモーフ』など、数々の特殊能力を有し、圧倒的な戦闘能力を誇る。

だがその力と引き換えに、彼女はその身をヴァーミリオンに侵蝕されていく……。

クロスエモーション外伝1

想聖天使クロスエモーション外伝1:ラピスラズリ淫闘編

クロスエモーション外伝2

想聖天使クロスエモーション外伝2: もう一人のクロスデザイア編

クロスエモーション外伝3

想聖天使クロスエモーション外伝3:想聖天使 VS 触装天使編

■■ 状態異常戦闘システム ■■

信じる心が力になる!
最高潮から最低まで、変動するエモーショナルゲージで戦闘難易度が変化!
プレイヤーも「想い」を送る一人となってエモーショナルゲージをタイミング良くロールする事で想聖天使の戦闘力、状態異常への抵抗力も増減!
そして、欲望に満ちた「想い」を向けられれば、想聖天使は弱体化し淫欲に容易に負けてしまう。モンスターからの淫らな攻撃によって、欲情度ゲージが増加し、ゲージが100になると戦闘中に絶頂し、行動不能に!

■■ ダメージによる着衣変化 ■■

戦闘ダメージによる衣装破損!!
クロスエモーション外伝シリーズでも、戦闘でHPにダメージを受けると衣装が破損し、立ちグラフィックの露出度が4段階で上昇する!

■■ 多彩な状態異常 ■■

恐怖、粘液、羞恥、幻覚、発情、吸引、拘束、ボテ腹、フタナリ……
戦闘中には多彩な状態異常が想聖天使を追い詰める!
その組み合わせ500パターンオーバー!!

■■ 新状態異常 ■■

罵声

外伝3にて追加された異常状態。外伝3の舞台は心条市ではなく水葉市。怪物に支配されたこの街に、クロスエモーションを応援してくれる市民はいない!
市民は声援どころか、心無い罵声を容赦なく浴びせてくる!
このような状況ではクロスエモーションの力の源である「心の力」など得られず、それどころか負のエモーショナルエナジーによりデメリットが生じてしまう事となる。
ターン開始時にEMゲージが減少したり、MPが減少するなど、解除不能の凶悪なバッドステータスだ。
圧倒的なアウェーで、ラピスラズリは理不尽すぎる不利な戦いを余儀なくされる――!

寄生

同じく外伝3にて追加された異常状態。クロスエモーションのEMアームズに敵ヴァーミニオンが侵蝕してしまう。スーツが勝手にオープン状態になって恥ずかしい部分が露出してしまう「羞恥」や、内側から触手や粘液に嬲られる「吸引」では触手服がいやらしく蠢き、体中をくまなく愛撫して来る中戦い続けなくてはならない!

■■ 戦闘ログ画面 ■■

コマンドによりヒロインを操作して、理想の性的ピンチをシミュレート出来る。

■■ カットインシステム ■■

カットインは、クロスエモーションの必殺技か、敵からのエロ攻撃を受けることにより、カットインが発生する。敵からのエロ攻撃を受けることにより、ヒロインは状態異常となり、戦闘に影響する異常状態には、行動を抑制する異常状態と、拘束系の異常状態に分けられる。拘束系異常状態になると、拘束されたその部位を使用した必殺技は使えなくなるため、防御コマンドにより、(確率で)拘束を振りほどくまで、必殺技は使用不能に!

■■ サーチアンドロイドデストロイモード■■

DLsite.com様にてコンプリート特典として搭載されたデストロイモードが外伝パックにて標準搭載されました!
無限雑魚戦闘モードや、連続絶頂モード、感度調整、強さ引継ぎの可能な特別なモードです。シナリオクリア後は、ヒロイン達の感度を自在に編集可能に!
あえて弱点を作ったり、淫乱にして「即落ち」プレイなど、自分に合ったなバトルファックが楽しめます!

PAGE TOP

line

当サイトにあるコンテンツの無断転載を禁止します。